保育士資格を専門学校で

  • 保育士専門学校の内容

    • 保育士になるためには、厚生労働省指定の養成学校に通って卒業するか、国家試験に合格する必要があります。
      養成学校には四年制大学、短大、専門学校などがあります。短大、専門学校は四年制大学より早く現場にでることができ、より実践的な技能を身に着けることができます。

      また学費も安くおさえられます。
      専門学校は、短大に比べ、より保育に特化した内容で学ぶことができますので、将来は絶対保育士になりたい、早く働きたいという人に向いているでしょう。
      それでは保育士専門学校とはどういったところでしょうか。
      まず大きく分けてふたつの種類があります。

      保育士の専門学校の口コミ情報を掲載しています。

      厚生労働省の認定校と、指定のない併修校です。

      併修校の場合、短大の通信課程でも学ばないと保育士資格を取得できませんので、注意が必要です。多くの学校で2年制ですが、3年制のところもあります。


      3年制の場合は、多くの場合幼稚園教諭の資格も同時に取得できます。

      人気のあるYahoo!ニュース情報ならこちらのサイトです。

      また一年余裕があることで、専門知識やピアノなど保育に欠かせない技能をより深く身に着けることができます。

      授業の内容は保育に関する理論や心理学、栄養学など教養科目と、ピアノや遊びなどの実技、そして保育実習となります。

      専門学校の中には、夜間課程を併設しているところもあります。


      平日夜18時以降の授業で3年制のところと、平日夕方からと土曜日に授業をし、2年制のところとがあります。



      夜間過程は、日中働きながら資格取得を目指せるとしていますが、実際には施設と保育園でそれぞれ10日から2週間程度は保育実習を行わねばなりませんので、職場に理解がない限り難しいでしょう。