保育士資格を専門学校で

  • 専門学校で保育士を目指す方法

    • ここ最近、よくニュースで保育園が少なくて入園できないという事態が問題となっています。
      働く女性が増えてきた中、その受け皿となる保育園が少ないせいで女性の社会進出が進まないのが残念なことです。

      しかし、逆を言えばその分保育士の需要は高まっているともいえます。

      どのようにすれば、保育士になれるのでしょうか。大きく分けると方法は2つあります。


      大学に通うか専門学校に通うかです。


      大学に通うと幅広いことが学べるので、途中で保育士になるのを辞めたくなったときに別の道を模索することができることがメリットです。保育士になるという決意を固めている人の場合は専門学校に行くことをおすすめします。

      多くの場合、2年間通えば免許を取得することができます。

      保育士の専門学校についての情報をお探しの方は必見です。

      専門学校には二種類のものがあります。



      指定校と併修校です。

      指定校に通えばそこに通うだけで免許を取得することが出来ますが、併修校の場合は短大の通信課程を卒業する必要があるので注意が必要です。

      専門学校の場合、働きながら学べる夜間学校というものがあります。


      どうしても保育士を目指したいという場合は大変ですが、このような方法もあります。

      時間の余裕に合わせて2年で詰め込むのか3年で余裕を持って卒業するのかを選びましょう。
      専門学校に通うなによりのメリットは学費が安いということです。大体200万円ほどあれば卒業までこぎつけられます。

      絶対になりたいという意思があるならこちらを選んだほうがメリットは大きいでしょう。