保育士資格を専門学校で

  • 保育士になるなら専門学校に入ろう

    • 女性進出が進んでいるなか、子供を安全に預けることができる保育園は年々需要が高まっています。そのため、保育士の需要も高まってきています。

      将来の働き口を考えるならば保育士になることはかなり現実的な選択肢だといえるでしょう。

      保育士の専門学校をあなたに紹介致します。

      では、保育士になるためにはどのようなことをすればいいのでしょうか。
      やはり、学校に通うことは避けられません。

      あまりお金をかけずに最短で目指す場合は専門学校に通うことをおすすめします。
      大学の場合は4年間通う必要性がありますが、専門学校ならば2〜3年ほどで資格を取得することができます。ただし、大学と違って、途中で目指すのを辞めてしまうと潰しがきかないのでどうしてもなりたいと思っている場合に限り専門学校に通うことをすすめます。専門学校にも種類があります。まず、指定校です。

      毎日新聞の情報を提供中です。

      これは厚生労働大臣が認可した指定保育士養成施設です。この場合は入学して、卒業できれば自動的に免許を取得することが可能です。
      もう一つは併修校です。



      こちらを利用する場合は同時に短大の通信課程をクリアする必要性があります。

      卒業しただけでは免許を取得することが出来ないということを理解しておきましょう。
      また、こちらの場合、料金の徴収方法が指定校と異なるので途中で別途費用がかかる可能性があることを知っておくようにしましょう。
      このように、保育士になる方法は大学だけでなく専門学校に通うという手もあります。

      それぞれの状況をよく考えて選択するようにしましょう。